top Total:232622 
Today:000049 
Active:000014 
学生向け 研修医向け 専門医向け
トップ > 研修医向け

問題一覧に戻る ハイスコアを見る 問題を解く

セルフトレーニング-1
あなたの名前:
Q1
1.糸球体ろ過値(GFR)が150 ml/分であった場合に考えられるものを2つ選びなさい.
正常妊娠
急性糸球体腎炎
急性間質性腎炎
良性腎硬化症
早期の糖尿病性腎症
Q2
2.微小変化型ネフローゼ症候群について正しいものを1つ選べ
比較的緩徐に発症する
血圧は上昇することが多い
血清補体価は正常である
糸球体上皮細胞足突起の消失・融合が特異的である
再発をすることまれである
Q3
3.27歳 男性.4年前から甲状腺機能亢進症がありメチマゾールで治療開始されたが,発疹が出現したため,プロピオチオウラシルに変更され,以後良好にコントロールされていた.2ヶ月前の近医で尿蛋白を指摘され,持続するために当科を紹介された. 検査:尿蛋白 3+,糖(-),尿中赤血球 30-50/hpf,顆粒円柱 +, BUN 28.3 mg/dl,Cr 1.7 mg/dl,CRP 0.2 mg/dl 腎生検組織像を図に示す. この患者で陽性となる可能性が高い検査はどれか
抗カルジオリピン抗体
抗Sm抗体
抗DNA抗体
MPO-ANCA
PR3-ANCA
Q4
4.48歳 男性.腹痛があり入院.1年前からレイノー現象が出現.9ヶ月前に下肢・前脛骨部に紫斑が出現した.4ヶ月前に左足のdrop footが生じ,1ヶ月前から食後30分くらい経過すると臍周囲の腹痛が出現していた.2週間前から右足背に神経違和感が出現. 身体所見では,20年前に交通事故のため左の足関節に手術瘢痕あり.その際輸血を受けている.血圧 170/100 mmHg,両下肢に紫斑を触知.右前脛骨神経の知覚・運動障害もある. 便潜血反応陽性.尿蛋白 1+,血尿 1+ ヘマトクリット 33%,血清クレアチニン 1.6 mg/dl,赤沈 76 mm/h,リウマトイド因子 512 IU/ml,抗核抗体 陰性 この患者で陽性となる可能性が高い検査はどれか
抗ds-DNA抗体
抗HCV抗体
抗パルボB19抗体
抗好中球細胞質抗体
抗HIV抗体
Q5
5.62歳 女性.全身浮腫を主訴として入院.毎年健康診断を受けていたが,10ヶ月前の検診では異常を指摘されていない.3ヶ月前から両下肢に浮腫を認め,次第に増悪してきた. 身体所見:血圧 138/80 mmHg,顔面と両下肢に浮腫を認める. 検査所見:尿蛋白 4+,血尿 1+,硝子円柱 あり, TP 4.5 g/dl,アルブミン 2.3g/dl,T コレステロール 300 mg/dl,BUN 23 mg/dl, Cr 0.8 mg/dl,食後2時間の血糖値 168mg/dl,C3 86 mg/dl,C4 17 mg/dl,CH50 35, 腎生検組織像を図に示す.もっとも可能性の高い疾患はどれか
糖尿病性腎症
膜性増殖性腎炎
膜性腎症
良性腎硬化症
微小変化型ネフローゼ
Q6
6.21歳 女性.これまで尿の異常を指摘されたことはなかった.3日前に咽頭通と38.5℃の発熱があった.昨日から肉眼的血尿が出現したため精査のため入院となった. 検査所見:尿蛋白 3+,血尿 3+,TP  6.7 g/dl,アルブミン 3.8 g/dl,BUN 18 mg/dl,Cr 0.9 mg/dl,C3 88 mg/dl, C4 20 mg/dl,CH50 35, IgG 1400 mg/dl, IgA 380 mg/dl, IgM 100 mg/dl もっとも可能性の高い疾患はどれか
膜性腎症
急性糸球体腎炎
急性間質性腎炎
巣状糸球体硬化症
IgA腎症
Q7
7.次の血中蛋白成分のうち糸球体内沈着をきたすものを2つ選びなさい.
ミオグロビン
免疫グロブリン軽鎖
アミロイドA蛋白
トランスフェリン
β2 ミクログロブリン
Q8
8.糸球体障害をきたす薬物について正しい組み合わせを3つ選びなさい.
アリストロキア酸:半月体形成性腎炎
非ステロイド系抗炎症薬:微小変化型ネフローゼ症候群
タクロリムス:溶血性尿毒症症候群
ヘロイン:巣状糸球体硬化症
5プロピルチオウラシル:膜性腎症
Q9
9.糖尿病を伴う高血圧に関して正しいものを1つ選べ
糖尿病を合併しない場合よりも降圧目標を高めに設定する
血糖コントロールが達成されてから降圧療法を開始する
腎症を合併する場合には更に低い降圧目標を目指す
尿蛋白が1 g/日以上ではACE-阻害薬は禁忌である
利尿薬はインスリン感受性を改善する
Q10
10.肝不全患者が低Na血症(118 mEq/l)を呈していた.腹部手術4日後に,血清Na値は160 mEq/lと上昇し,意識障害が出現した.意識障害の原因として最も可能性の高いものはどれか
急性硬膜下血腫
脳出血
橋中心髄鞘崩壊症
クモ膜下出血
多発性硬化症
lumber-mill