top Total:232630 
Today:000057 
Active:000016 
学生向け 研修医向け 専門医向け
トップ > 研修医向け

問題一覧に戻る ハイスコアを見る 問題を解く

セルフトレーニング-3
あなたの名前:
Q1
1.腎循環に関する下記の記載で正しいものを3つ選びなさい.
腎臓には安静時心拍出量の約20%の血液量が供給されている
運動で心拍出量が増加したとき腎血流量は増加する
腎髄質部は腎皮質部より血流量が多い
腎交感神経はafferent arteriolesに分布している
腎血流量は比較的狭い範囲で維持されている
Q2
2.膜性腎症の糸球体組織所見として正しいのはどれか.1つ選ベ
基底膜の断裂
上皮下沈着物
結節性病変
mesangial interposition
糸球体係蹄の分葉化
Q3
3.微小変化型ネフローゼ症候群について正しいのを3つ選びなさい.
安静のみにて一定期間の経過観察を行う
中高年の発生頻度が高い
尿蛋白の選択性は高い
頻回再発型では免疫抑制薬の投与が行われる
悪性腫瘍を合併する頻度が高い
Q4
4.ネフローゼ症候群を呈した場合,予後不良(腎死)の疾患を3つ選びなさい.
糖尿病性腎症
膜性腎症
微小変化型ネフローゼ症候群
アミロイド腎症
巣状糸球体硬化症
Q5
5.巣状糸球体硬化症について正しいものを2つ選びなさい.
低補体血症を伴う
電顕法にて糸球体硬化部に免疫複合体の沈着を認める
難治性ネフローゼ症候群の原因となる
糸球体硬化は傍髄質部から進展する
移植腎に再発することはまれである
Q6
6.IgA腎症について正しいのはどれか.2つ選びなさい.
紫斑病性腎炎との鑑別は腎生検にて行う
腎生検の約80%を占める
約70%が機会性血尿,蛋白尿で発見される
予後の良好な疾患である
尿蛋白量が中等度以上の場合,抗血小板薬の適応がある
Q7
7.紫斑病性腎炎について正しいものを2つ選びなさい.
20歳をピークとした青年層に発症しやすい
腎症発症時に血清補体値が低下する
主としてメサンギウム領域にIgAが沈着する
皮膚症状は腎症に先行する場合が多い
過半数がネフローゼ症候群を呈する
Q8
8.急速進行性糸球体腎炎(RPGN)をきたす疾患はどれか
ANCA関連腎炎
ループス腎炎
Goodpasture症候群
糖尿病性腎症
シクロスポリン腎症
Q9
9.C型肝炎ウィルス関連腎症で頻度の高い特徴的な所見を3つ選びなさい.
クリオグロブリン血症
メサンギウム増殖性糸球体腎炎
非乏尿性急性腎不全
低補体血症
リウマトイド因子陽性
Q10
10.Alport(アルポート)症候群において一般的特徴であるものを2つ選べ
常染色体劣性遺伝
女子で予後不良
糸球体基底膜の肥厚と菲薄化
感音難聴
ネフローゼ症候群
lumber-mill